≪Q≫FP(ファイナンシャル・プランナー)とはどんな人ですか?


 

 夢や目標をかなえるには、計画的に資金を用意しておくことがポイントです。人生の夢や目標に対して総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法がファイナンシャル・プランニングです。このためには、金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などの幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、その夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートするパートナーが、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

 

 

 FP(ファイナンシャル・プランナー)は、ライフスタイルや価値観、経済環境を踏まえながら、家族状況、収入と支出の内容、資産、負債、保険などあらゆるデータを集めて、現状を分析します。そして、そのライフプラン上の目標を達成するため、問題や不安を解決するために、お客様の立場で考え、長期的かつ総合的な視点で様々なアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助するファイナンシャル・プランニングの専門家です。 また、必要に応じて、弁護士や司法書士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、保険・不動産の専門家、銀行・証券会社などの各分野の専門家のネットワークを活かしながら、個人の夢や目標に基づくライフプランを前提に、その実現のために様々な領域に渡る包括的なアプローチによって、必要なファイナンシャル・プランニングを行うのが特徴です。参照:日本FP協会・HP

 

 

 そして、一言でFP(ファイナンシャル・プランナー)といっても様々な業態があり、銀行や証券会社、保険会社のように、金融商品の販売を目的としている会社の従業員さんが、その金融商品の営業に約立てるためにFP資格を保有している場合もあれば、「独立系FP」とよばれる金融機関に属さず金融商品の販売は一切行っていない中立的な立場のFP(ファイナンシャル・プランナー)もいます。さらに、その独立系FPでも、講師業務がメイン、執筆業務がメイン、相談業務がメイン、講師業務・執筆業務・相談業務をバランス良く…というように、それぞれが自分の得意分野でFP(ファイナンシャル・プランナー)として活動しています。

 

 

 

 

FP社会保険労務士事務所 柔コンサルティング
代表 平野 厚雄