≪Q≫社会保険労務士とはどんな人ですか?


 

 「社会保険労務士」は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです。

 

 

 社会保険労務士は、社会保険労務士試験に合格した後に連合会に備える社会保険労務士名簿に登録することで、プロとして社会で活躍しています。社会保険労務士の定義は「社会保険労務士法に基づき、毎年1回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者」と法律により定められています。そして、社会保険労務士が取り扱う業務には、大きく分けて以下の3つの業務があり、「1号業務」「2号業務」については、社会保険労務士の独占分野とされる領域です。

 

 

【1号業務】手続き代行業務
・雇用保険・健康保険・厚生年金保険といった各種社会保険に関する書類の作成及び手続代行などを行います。
【2号業務】帳簿類作成業務
・労働者名簿、賃金台帳、就業規則等、労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類を作成します。
【3号業務】コンサルタント業務
・労務その他の労働に関する事項及び労働社会保険諸法令に基づく社会保険に関する事項について相談に応じます。
 

 

 

 

 

FP社会保険労務士事務所 柔コンサルティング
代表 平野 厚雄