≪Q≫社会保険労務士を利用するメリットは何ですか?


 

 法人、個人事業を問わず、「ヒト」を雇い事業を営む場合、一定の要件に該当すると入社・退社等の労働保険・社会保険における各種届出義務が発生いたします。この各種届出は、法律上の義務になりますので、届出を怠った場合などには罰則が規定されております。

 

 

 この各種届出義務者は事業主さんですが、実際に事業主さんが行おうとすると、慣れていない…という面もあり、かなりの時間をとられてしまうのが現実です。そこで、この各種手続きを代行できる資格者・社会保険労務士をご利用いただくことで、事業主様は最小限の手間で届出義務を果たすことができ、時間を本業に集中することがでます。つまり、この各種手続きを社会保険労務士に委託するということで、経済的なコストは発生しますが、その代わりに事業主様は貴重な「時間」を節約できる、というメリットを享受することができます。

 

 

 さらに、顧問契約をいただくことで、年間を通した届出のスケジュールや、会社内の事情を把握できますので、社会保険の算定基礎届、労働保険の年度更新等の定期的な届出や突発的な届出にもスムーズに対応することが可能です。そして、労務相談も合わせてご契約いただければ、上記の手続以外にも、従業員さんの健康問題、残業問題等のご相談も可能です。

 

 

※料金等の詳細は【3、労働保険・社会保険手続代行・顧問契約】をご覧ください。

 

 

 

 

FP社会保険労務士事務所 柔コンサルティング
代表 平野 厚雄