≪Q≫ あまり成果を出していない社員から、「大好きなアイドルのライブに行きたい」という理由で有給休暇の申請があったので、「冗談じゃない!」ということで断りましたが大丈夫でしょうか?


 

   ダメです。

   有給休暇は取得理由は関係なく、社員から申請があった場合は、原則付与する義務があります。

   ただし例外的に、会社の事業の正常な運営を妨げる場合に、会社が変更できる場合があります(時季変更権)

   しかし、「事業の正常な運営を妨げる場合」とは、単に人手不足や業務が忙しいという理由では認められず、
   事業の内容、規模、労働者の担当業務、事業活動の繁閑、予定された年休日数、他の労働者の休暇との調整等
   様々な要因を考慮して判断されます。

   つまり、使用者は労働者の希望が実現できるように配慮を行うことが求められます。

 

 

 

 

柔社会保険労務士事務所
所長 社会保険労務士 平野 厚雄