【平野厚雄プロフィール】

代表 平野厚雄1977年東京都練馬区生まれ。2001年に専修大学 経営学部経営学科を卒業後、郵政事業庁(現・郵便局株式会社)に入省。都内の郵便局(特定郵便局)にて、郵政三事業(郵便・貯金・保険)の窓口業務に就く。そして、簡易保険の営業をきっかけにファイナンシャル・プランナーの存在を知り、在職中にCFP資格を取得。

 

 2006年3月郵便局退職。同年4月より大学でのFP資格講座の講師や企業主催のマネーセミナーの講師、各種媒体でのコラム執筆等、独立系FPとして活動開始。独立系FPとして活動する傍ら、柔術・総合格闘技の選手としても活動し様々な大会に出場。その後、2007年に総合格闘技を引退し、翌年2月に都内の社会保険労務士法人に就職。

 

 社会保険労務士法人では、セミナー講師や保険・年金相談などファイナンシャル・プランナー業及び担当顧問先の入社・退社等の労働保険・社会保険の各種手続き、労務相談、就業規則作成等の社会保険労務士業を行う。2010年12月に社会保険労務士登録が完了し、2011年7月に社会保険労務士法人を退職。そして、同年10月に「FP社会保険労務士事務所  柔コンサルティング」を設立し独立。

 

 独立後は、独立系FPという立場で、かつ社会保険労務士とのダブルライセンスを活かし講師業や執筆業等で幅広く活動。また、自らのプロ格闘家としての経験をもとにFPジャーナル(2012年9月号)に「プロ格闘家のためのファイナンシャルプランニング」を寄稿するなど、FP業界の未開拓分野にも強みを発揮する。また、すべての事業活動において、より良い人間関係を築くための心理学・選択理論心理学をベースとしたアプローチを用いている。

 小学校、中学校、高等学校と野球一筋で高校時代はプロ注目選手として新聞に掲載されることもあった。しかし、高校でいわゆる「燃え尽き症候群」に陥り野球を辞める。そして、社会人になると同時に柔術・総合格闘技を始める。その後、アマチュア大会での実績が認められ、パンクラス、DEEP、TRIBELATEなどの総合格闘技イベントに出場。総合格闘技を引退後は、ブラジリアン柔術道場「ストライプル世田谷」の柔術インストクターを務め、自らも柔術の選手として大会に積極的に出場している。

 

 発達障がい(自閉症)をもつ4歳男児の父。「障がいを持つ子の親が安心して先に死ねる社会をつくる」という理念で様々な活動をしている。

 

    【格闘技戦績】

  • 第8回全日本ブラジリアン柔術選手権アダルト青帯メジオ級 準優勝
  • 第2回全日本ブラジリアン柔術新人選手権アダルト青帯メジオ級 優勝
  • 第3回全日本ブラジリアン柔術新人選手権マスター紫帯メジオ級 優勝
  • 第14回パンクラス・ネオブラッドトーナメント予選出場
  • 2006年DEEPフューチャーキングトーナメント出場
  • TRIBELATE 総合格闘技ルール 2戦2勝 (1TKO)

 

【保有資格】

 

・ファイナンシャル・プランナー(CFP資格認定者・J-90140238)

・1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)

・社会保険労務士

 

 

  

【主な所属団体】

・NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 (http://www.jafp.or.jp/

・東京都社会保険労務士会 城北統括支部・練馬支部 (http://sr-nerima.net/

・東京商工会議所 (http://www.tokyo-cci.or.jp/

・NPO法人 「ら・し・さ」 (http://www.ra-shi-sa.jp/index.html

・一般社団法人 年金トータルサポート・コスモ (http://www.ntscosmo.com/

・BNI M3(エムキューブ)チャプター (http://www.bni-m3.com/

 

 

2013年1月吉日

FP社会保険労務士事務所 柔コンサルティング

所長 平野 厚雄