「経営労務診断サービス」は、人事・労務管理の専門家である社会保険労務士だけが行えるサービス です。

「経営労務診断サービス」は、経営労務管理に関わる基本規定(就業規則等)及び基本的数値情報(平均勤続年数等) に関する診断項目について、社会保険労務士事務所である弊所が、原則として毎年1回、確認・診断を行い結果をインターネット上で公表するサービスです。

その結果において法令にかかる部分(必須項目)をクリアした場合、その結果を弊所の電子署名を付して、一般財団法人日本情報経済社会推進協会が運営する「サイバー法人台帳ROBINS」サイトに掲載します。

診断によって企業の人事・労務環境の改善に資するとともに、ROBINSに掲載されることにより「安心安全な取引が可能な企業」「快適な職場環境」であることを表明することができ、企業経営の健全性を広くアピールすることが可能です。

経営労務診断サービスのイメージ

※経営労務診断サービスのイメージ

出典「全国社会保険労務士連合会」

主な診断項目

※主な診断項目
+拡大する

出典「全国社会保険労務士連合会」

主なメリット

※主なメリット
+拡大する

現状/ROBINSを使えば
+拡大する

診断でわかること例

出典「全国社会保険労務士連合会」

※上記資料は、全国社会保険労務士連合会より引用
http://www.shakaihokenroumushi.jp/organization/tabid/263/Default.aspx

経営労務診断サービスの料金はこちら